\フリーローンおすすめ1位/

トップページ > 広島県

「今すぐフリーローンで借り入れしたい」
「フリーローン審査に通るか心配」

当サイトでは広島県でフリーローンでお金を借りたい方に、審査に通りやすい、即日対応のフリーローンを紹介しています。今すぐお金を借り入れしたい方、最短即日審査・即日借入に対応していて安心して利用できる大手消費者金融のフリーローンがおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
フリーローンのおすすめ

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

「家族にバレたくない」「職場にバレたくない」当サイトでは、ネット審査は誰にもバレずに24時間365日申し込みが可能です。郵送物無しで借り入れしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

フリーローンの基礎知識コラム

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。

しかも公式サイトへのリンクを貼っているサイトが大半なので比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

又、消費者金融の一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

そんな時の強い味方がカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で即日借り入れることができます。

最初はおっかなびっくりな人でも、一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

消費者金融のキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、なんらかの原因があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の1/3を超える借り入れはNGという規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのキャッシングがあります。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが最近は銀行でもカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。

消費者金融と銀行の金利を比較してみると通常は銀行の金利の方が低く、消費者金融の金利の方が高いと言われています。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますのでわりと簡単に借入可能と言われているのが消費者金融ですがその審査能力は突出しています。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融業者の多くは銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらい消費者金融の方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますから反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。

消費者金融のキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

ですが、カードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますのでローンを組む人は金銭的に安定していることが絶対条件になるのです。

カードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

完済していてもローンカードを有しているだけで審査が不利になってしまいますので住宅ローンを組む場合にはカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて毎月の返済日に引き落としをされる約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

返済する方法として約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

ノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などがあります。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

銀行と消費者金融の違いは業務内容です。

銀行は金融以外にも為替や証券取引など様々な商品を扱っています。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に問題が発生することがないかを入念に審査する必要があります。

カードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人の信用だけで借りることができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。


広島県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス